首の後ろ ニキビ跡

首の後ろにニキビ跡が残ってしまう原因

体質によって思春期に出る首の後ろのニキビの数や質が違ってきて、
膿が多く出るほど症状が悪化していることが分かります。

 

そして、改善した後の首の後ろのニキビ跡が凸凹になることがあります。

 

首の後ろのニキビの跡がクレーター状の凹凸感になってしまった原因は、
症状が悪化したことによって起こってしまったからです。

 

悪化してしまう過程として毛穴に皮脂やアクネ菌が溜まって炎症が起こり、
皮膚の奥にまで症状が広がってしまったことで内部にある瘢痕組織が大量に出てしまい、
首の後ろのニキビが改善しても凹凸になったまま跡として残ってしまうのです。

 

その前に毛穴に溜まってた皮脂やアクネ菌を取り除くことで防ぐことができたのに、
放置した結果として首の後ろにニキビ跡ができてしまったので、
凹凸感を滑らかにできるようにしなくてはなりません。

 

首の後ろのニキビ跡を消すには、
一般的には美容外科やクリニックにてレーザーによる治療方法があります。

 

ただお肌に刺激を与えるために、
首の後ろのニキビが改善されていない人や敏感肌の人には推奨されていなく、
ピーリングでの治療も肌質によっては皮膚のトラブルが起きてしまいます。

 

そのため、首の後ろのニキビ跡を消すには有効な方法とはいえないです。

 

なので敏感肌や肌トラブルが多い人ほど、
自然治癒の能力を高める方向へお肌のケアをすれば、
皮膚の保湿が保ち肌トラブルの改善にもなります。

 

必要以上に刺激するのは皮膚にとっても相応しい行為とはいえないでしょう。